出張ホスト エテルナ
2017年03月13日12:38

春燈



こんにちは(^^)



あの2日後だったかなぁ。


ちょうど今日に当たる日に東京に居ました。




東北の友人に連絡が取れなくて


仕事も手につかなくて




『こんな風に


いつもの毎日送ってていいのかな。』





ってものすごくモヤモヤした


気持ちで仕事していて





社長が




『稼働できるところが稼働して


物流を止めない事も大事や。』




と言ってくれはったけど


それでも納得が行かなくて


休みの日に復興支援に行った。




正直思ってたより自分ははるかに


非力で


自分にも食料や水はいるわけだし


排泄もあるわけだし




“自分が思う何か力になりたい” と



“相手が求める力になる” は



時に大きく異なっていて


社交辞令もお世辞も交わしていられない


環境下ではそれが露骨に感じられた。






今の一般的社会(世間)は



「〇〇するのが 正しい」


「〇〇するのが 正解」


「共感・多数意見=正解」


と判断することが多くて




そこから それているものに対して



批判や文句がわきあがるけれど





 何をするのが「正解」なのかなんて



 決められないと思う。





 あえて 




 何をするのがいいのかという答えを


述べるとしたら




 自分に無理なくできることをやる






 普段 通り過ごす


(▶︎あえて、何もしない・触れない)


ことも大切なんじゃないかと思う。





求めることって人によって違うし




支援=助けること



助けること



=何か形をあげる・新しい行動を起こす



が正解ではないみたい。




ポーズだけなら


無くていいんじゃないかな?






向こうでおばあちゃんに




『貴方が泣いたり悲しんでいると


私も悲しいから笑って(^^)』




って言われた時びっくりした。




それは不謹慎だと。



こんなにも心痛めてはる方々がいるのに


楽しむなんていけないことって思っている


自分がいて


これは



“同情”



なんやなぁと


すごく自分が嫌になった(-_-;)




でもそれもきっと


僕が笑ってたとして


ある人から見たら不謹慎だし


ある人から見たら活力かもだし


誰しもの力になるというのは


すごくすごく難しい…💫




難しいことだけど、



いつだって



出逢ってよかったな



と思って頂けるよう



今後も努めて行きたいと思う。






最後に


お亡くなりになられた方々の


ご冥福をお祈り申し上げますとともに、


被災された方々に


少しでも笑顔の日々が増えていることを


心より願っております。





笑顔、



笑顔。


SNOW詐欺発令〜(`・ω・´)ゞ←<br />でもちゃんとSNOW無しも載せる。←<br />#詐欺  れてるのコレで?<br />#イケメン  とかよーゆわん。<br />一応#28歳 #男性  #童顔<br />#出張ホスト <br />#レンタル彼氏  やっております。<br />お#友達  とお呼び頂いてもOKです(^^)<br />昼職終わりのため #スーツ  だよー。<br />#コメント あると喜ぶ。<br />#フォロー  もっと喜ぶ。←









hatuse_toji

コメントする

名前
 
  絵文字